トイレットペーパートイレのつまりで困った経験が1度や2度はあるはずです。ちなみに欧米では死んだ魚をトイレに流す習慣があるようです。さすがに日本ではありえないと信じたいところですが、少なくともトイレのつまりはトイレの下水管のどこかで異物がつまっている事を意味しています。公共のトイレではトイレットペーパー以外は流さないで欲しい旨が書かれた張り紙がドアや壁前面に張り出されています。実際指示通りにしなければつまってしまいやすいのが日本のトイレ事情ですから、トイレを正しく使いましょう。

それならつまりにくい構造に改善すれば良いではないかと、多くの人は考えますが、洋式トイレが日本で普及し始めるより以前から、トイレの構造はまったく変わっていません。したがってトイレのつまりが生じないように使う人が注意するしかないのです。なぜわざわざつまりやすいトイレを作ってしまったのか、それはトイレならではの事情があるからです。

水回り業者のTVコマーシャルをみれば一目瞭然であるように、配水管は垂直にはできておらず途中でS字型に湾曲した形になっています。またキッチンの流しの下をのぞいても同じ構造になっています。逆にこれが直下型のパイプだったらどうなるかと言いますと、配水管はそのまま下水管を通って汚物処理場へつながっているわけですから、悪臭やウジ虫あるいは線虫などがストレートに配水管の穴から昇ってくる可能性が大きくなります。現在そうならないですんでいるのは、S字型になっている結果途中に流れきれなかったたまり水がたまっていて、害虫や悪臭はこのたまり水でいったん足止めをくらっているゆえなのです。