トイレのつまりは配水管の途中で異物がつまっている事が、そもそもの原因なのですがわざわざつまりやすい構造になっているわけは、異臭や害虫が室内に昇ってこないようにするためであり、快適な生活を実現するために計算され尽くされた形なのです。そうはいってもトイレのつまりがとても困った問題を引き起こしてしまう事も事実です。

トイレットペーパーもし異物がとれなかったら、職人を呼んで便器を外し、配水管もはずすなど大工事をするはめになりますから、指定されたもの以外は決して流さないように注意する必要があります。実際にトイレのつまりをおこした事例としてはカップラーメンの残り汁、大量のトイレットペーパー、テイッシュペーパー、時計、スマホ、ボールペン、ペットの便など大半はうっかりミスで落ちてしまった固形物ですが、大量のトイレットペーパーやペットの便というのに、違和感を覚える人もいるでしょう

テイッシュペーパーは同じ紙なのになぜだと考えますし、ペットの便も流れないなんておかしいとも感じるかもしれません。トイレットペーパーはトイレの水に流れやすい構造にはなっているのですが、あまりに大量ですと溶けるのに時間がかかるのです。ティッシュペーパーはパルプでできていて水に溶けにくい構造になっています。ちなみにトイレットペーパーは和紙でできています。この違いをしっかり覚えておかないとトイレのつまりを引き起こします。カップラーメンは油性ですから同じく水とは馴染みません。大量に流すと油脂が壁にこびりついて水路を狭めてしまいかねませんから注意してください。