Category: 未分類

異物のつまり直し相場

同じ紙でもティッシュペーパーとトイレットペーパーとで流れ方に違いがあるのは、素材が違うためです。トイレットペーパーであっても大量に流すとつまりの原因になります。同様の意味で大便でも流れにくくなる事があるのです。どちらも時間がたてば溶けて流れていきますが、早く流れてほしい時は人肌温度程度の温度を流す事で流れが改善される事があります。この方法はティッシュペーパーの場合も有効ですが、まず所定のもの以外は流さない事に限ります。

業者猫砂に関しても説明書に水に溶けやすい旨が明記されていても大量に流さない方が無難です。ましてや残飯を流すのは論外です。キッチンの流しに揚げ油を流さないという暗黙のルールはトイレにも適用される事はしっかり覚えておきましょう。

赤ちゃん用の紙おむつや、ペットの排泄物(室内飼育のペットのトイレ用の砂などを含めて)などが原因となってトイレのつまりが発生するケースも多いのです。

ここまでは自力でも工夫すればなんとか流れるレベルですが、スマホや時計など異物をうっかり落としてしまった場合は無理をせずに業者に依頼するのが無難です。無理をするとかえって逆効果になる事がありますしし、埋めている排水溝を掘り起こすような大工事になった場合は痛い出費を覚悟する事になるでしょう。

業者はどのような小さな詰まりであっても出張してきてくれる事が多いですから、気兼ねなく連絡してみてください。基本的に1000円から2000円前後で修理・点検をしてくれる事が多いですから、後々の事を考えると比較的早めに連絡した方が良い事が多いです



異物がトイレに

トイレのつまりは配水管の途中で異物がつまっている事が、そもそもの原因なのですがわざわざつまりやすい構造になっているわけは、異臭や害虫が室内に昇ってこないようにするためであり、快適な生活を実現するために計算され尽くされた形なのです。そうはいってもトイレのつまりがとても困った問題を引き起こしてしまう事も事実です。

トイレットペーパーもし異物がとれなかったら、職人を呼んで便器を外し、配水管もはずすなど大工事をするはめになりますから、指定されたもの以外は決して流さないように注意する必要があります。実際にトイレのつまりをおこした事例としてはカップラーメンの残り汁、大量のトイレットペーパー、テイッシュペーパー、時計、スマホ、ボールペン、ペットの便など大半はうっかりミスで落ちてしまった固形物ですが、大量のトイレットペーパーやペットの便というのに、違和感を覚える人もいるでしょう

テイッシュペーパーは同じ紙なのになぜだと考えますし、ペットの便も流れないなんておかしいとも感じるかもしれません。トイレットペーパーはトイレの水に流れやすい構造にはなっているのですが、あまりに大量ですと溶けるのに時間がかかるのです。ティッシュペーパーはパルプでできていて水に溶けにくい構造になっています。ちなみにトイレットペーパーは和紙でできています。この違いをしっかり覚えておかないとトイレのつまりを引き起こします。カップラーメンは油性ですから同じく水とは馴染みません。大量に流すと油脂が壁にこびりついて水路を狭めてしまいかねませんから注意してください。



トイレのつまりの原因

トイレットペーパートイレのつまりで困った経験が1度や2度はあるはずです。ちなみに欧米では死んだ魚をトイレに流す習慣があるようです。さすがに日本ではありえないと信じたいところですが、少なくともトイレのつまりはトイレの下水管のどこかで異物がつまっている事を意味しています。公共のトイレではトイレットペーパー以外は流さないで欲しい旨が書かれた張り紙がドアや壁前面に張り出されています。実際指示通りにしなければつまってしまいやすいのが日本のトイレ事情ですから、トイレを正しく使いましょう。

それならつまりにくい構造に改善すれば良いではないかと、多くの人は考えますが、洋式トイレが日本で普及し始めるより以前から、トイレの構造はまったく変わっていません。したがってトイレのつまりが生じないように使う人が注意するしかないのです。なぜわざわざつまりやすいトイレを作ってしまったのか、それはトイレならではの事情があるからです。

水回り業者のTVコマーシャルをみれば一目瞭然であるように、配水管は垂直にはできておらず途中でS字型に湾曲した形になっています。またキッチンの流しの下をのぞいても同じ構造になっています。逆にこれが直下型のパイプだったらどうなるかと言いますと、配水管はそのまま下水管を通って汚物処理場へつながっているわけですから、悪臭やウジ虫あるいは線虫などがストレートに配水管の穴から昇ってくる可能性が大きくなります。現在そうならないですんでいるのは、S字型になっている結果途中に流れきれなかったたまり水がたまっていて、害虫や悪臭はこのたまり水でいったん足止めをくらっているゆえなのです。